木の家具と木の時計を作っています。生活によりそう木の家具や木の時計を作っていきたいと思っています。里山と田園に囲まれ家族と生活する古民家に工房があります。        www.minka2003.com
by wooden-mama
福富町のこと。木の家具をつくること。7
今日はここ福富町も雪が積もり、寒い朝となりました。そこで、雪の上を山羊にソリを引っ張らせてみると子供一人なら、意外にスピードが出て面白いことに。
さて、家具工場を退社したわけですが、今度は手仕事で家具製作に関わりたいと思い、広島県内で技術が学べる職業訓練校に行くべく、調べてみると1年制の家具製作の訓練校(現在は無し)は年齢制限があり、半年コースのインテリア系に行くことに。しばらくは片道、車で1時間の距離を通学していましたが事情あって途中で辞めることになり、また、振り出しに。この時はまだ、広島県外の訓練校に行く事など考えてもいませんでしたが、本などを読む内にやはり技術を学ぶには1年制の訓練校が近道であることがわかり、そうなると県外しか選択肢はなく、家族の生活もある中、すぐにとはいかないのでした。そこで、仕事をしながら訓練校を調べ、時期を待つことにしたわけですが、つぎに入った会社は木材加工ではなく金属加工の農業機械メーカーでした。そこでは、梱包から入り、組立、加工、溶接、資材管理、そして最後は開発と様々な経験をし、これはこれで面白いところもあったのですが、それ以上に家具製作を学びたい気持ちが大きくなっていきました。訓練校については、県外の何校かに手紙や電話で訓練内容を聞き、最終的に長野県の訓練校に絞りました。入校に際しては試験(国語、数学、適性検査、面接)があり、倍率も2倍という当時30代半ばには少々、賭けに近いところもありましたが、問題集を買い準備を進めていきました。
入社から9か月後、訓練校と住環境の確認の為、有給を取り一人夜行バスで長野に出発したわけですが・・・。


e0148633_2191790.jpg

                     この空の色に言葉もなく。

e0148633_219311.jpg

                    しかし、ワラの上は気持ちよく。

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-12-13 22:47 | 福富町の生活
山桜と欅のKOBON3
ここから、手の当りが良い様に各部の面取りを行います。

e0148633_21184988.jpg

                      直線部はカンナを使い、
e0148633_211994.jpg

                  コーナーの曲線は小刀を使います。
                  その他の角はノミを使い仕上げます。
         やはり、サンドペーパーよりも早く、きれいに仕上げることが出来ます。
e0148633_2119266.jpg

                    左は面取り前、右が面取り後
e0148633_2120326.jpg

                 これで木地が仕上がり、塗装へと続きます。

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-12-10 21:34 | 製作日記
山桜と欅のKOBON2
寸法通りの板に切断後、完成後の木目を考慮し、掘る作業に進みます。その後、手を掛けやすい様に側面を斜めに加工します。板により堀りの作業後、かなり反る場合もありますが、今回は大丈夫です。

e0148633_2051536.jpg

                    これから内側を仕上げます。   
e0148633_20512214.jpg

                   側面四方にかんなを掛けています。
            わずかな仕上げもサンドペーパーよりも早くきれいに仕上がります。

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-12-07 21:06 | 製作日記
木のデスクを選ぶこと2
デスクのサイズ(今回は学習机の場合)ですが、通常、幅は90センチあれば十分ですが、奥行きは目の前の本棚の有無で若干異なり、本棚有りが70センチ程度、本棚無しで60センチ程度でしょうか。デスク上をすっきりと使うのであれば本棚を別にしデスクにはデスクライト、鉛筆削りの2点のみ置く様にします。引出しも深さは浅めのほうが入れすぎることもありません。大人ですら物の整理は大変なのですから、子供はなおのこと。高さは70~72センチ程度が標準であり椅子の高さを調整していきます。この場合椅子の座面同様、足置きの高さも調整できるタイプが足に負担も少なく良いと思います。あとは設置する部屋の壁、窓の大きさを参考に検討します。いずれにしても、物を増やさず、すっきりと使うのであれば、デスクはシンプルなタイプとし、成長に合わせて収納を増やして
いくほうが良いでしょう。

e0148633_22131552.jpg

                膝上の空間の差で左右2センチ差があります。
e0148633_22135371.jpg

                  引出しの構造、取手の形も様々です。
e0148633_22141099.jpg

                     いずれも山桜で製作    

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-12-05 22:25 | 木の家具の選び方
木のデスクを選ぶこと1
12月となり、そろそろ新入学のデスクの季節となりました。そこでデスクを選ぶ上で少しでもご参考になればと思います。
1.デザイン 2.価格 3.耐久性の3点が主な検討事項になると思いますが、1回目はデザインから。
最近は様々なタイプのデスクがありますが、その多くは量産加工が前提のものであり、大人が使うことは少々、難しいのではないかと思います。本来、成長してからの方が学習時間が増えるのですからやはり、先を見越して大人に近い物の選び方をした方が長く使えると思うのですが。また、デザイン=かたちと思われがちですが、本来、形はもちろんのこと構造や使い勝手も含まれます。次回はデスクのサイズについて。

e0148633_21152024.jpg


広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-12-04 21:51 | 木の家具の選び方
福富町のこと。木の家具をつくること。6
 カレンダーをめくった途端、この寒さ。福富町の我が家は薪ストーブがフル稼働になりました。
さて、家具工場を退社し、しばらくは療養をしていましたが、これからの事を思うと気ばかり焦り、中々、先に進めない毎日。そんな中一冊の本に出会い、読み進むうちに長い間ぼんやりとしていたものが、ようやくはっきりと形が見えてきたのでした。それは建築設計業の頃からこれまで気持ちの隅にあったことだったのだと思います。
 「ひとつの形を一人で全て完成させる」と言うなんとも自己満足なものでしたが。
それから、家族を巻き込みながら家具工房を立ち上げる為の日々が始まるのですが、やはり、すんなりとはいかない日々の始まりでもありました。・・・次回から職業訓練校に入るまで。

e0148633_2262675.jpg

                  「生意気なヒゲだ、・・・負けた。」

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-12-03 22:50 | 福富町の生活
山桜と欅のKOBON1
欠品だった人気のKOBONの製作にようやく入りました。24センチ角のサイズはお茶や軽食にちょうどいいサイズです。今回製作分は山桜と欅で製作しますが、あえて木材の樹皮に近い白太(シラタ)を含んだ板を使用しています。


e0148633_219398.jpg

                    樹皮に近いほど反りは大きく。
e0148633_2193244.jpg

                  しかし、反りに負ける訳にもいかず。

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-12-02 21:25 | 製作日記
福富町のこと。木の家具をつくること。5
それは突然に訪れたのでした。
身体に違和感を感じた数日後、朝、まったく布団から起き上がることが出来ない状態に。わずかな動きでも激しく痛み、妻に起こしてもらう情けない始末。病院に行くべく妻に肩を借りながらよろよろと5階の部屋から駐車場に。
診察の結果、ヘルニアとのこと。キツイながらも身体を使い汗を流すことに爽快感を持っていたのですが、どうも、やり方に無理があったようです。1週間安静にした後、仕事に復帰したのですが、やはり、これは繰り返すようで勤務に支障が出てくることに。また、徐々に生産調整が進み時間外手当も無くなり、この先の不安と不満に苛立ちを感じ始めていました。結果、半年後、3年間勤務した工場を後にし、また振り出しに。 1999年の暮れのことでした。・・・



e0148633_2030344.jpg

                     どうも、深い話らしい。

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-11-30 20:57 | 福富町の生活
キョウノオヤツ1

e0148633_18304329.jpg

              米粉とアーモンドプードルの三色焼き菓子を栃の長豆皿で。
                       


広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-11-29 18:34 | 木の器
福富町のこと。木の家具をつくること。4
落葉がすすみ、初冬のここ福富町も数日は比較的過ごしやすく、ずいぶんと助かっています。
さて、家具工場、初日。重い鉄の扉を開けると集塵機と複数の工作機械の音が響く中、勤務する係へ歩いていくとそこは、窓もなく水銀灯の明かりのみの空間に半完成品のタンスが並んでいたのでした。正直なところ「・・・ここか。」と。
しばらくは、ひたすら付属品の組み立てでしたが、ただ、組み立てるだけでもパーツを置く位置、工具を置く位置、組立て手順の違いで生産効率に差が出ることを知ったのもこの係りなのでした。最終的に勤務から3年後に退社するまで塗装を除き、木取(きどり)、加工の現場で仕事を経験しました。その間、仕事にも慣れ、長男が生まれ、「こういうのも悪くないな。」と毎日を過ごしていたのですが。勤務から2年半を過ぎた頃、突如、身体に違和感が。と同時に家具業界に陰りが出てきたのもこの時期なのでした。


e0148633_21174933.jpg

                 住みたいところが山だったり、海だったり。

広島ブログ
[PR]
# by wooden-mama | 2014-11-28 22:08 | 福富町の生活