木の家具と木の時計を作っています。生活によりそう木の家具や木の時計を作っていきたいと思っています。里山と田園に囲まれ家族と生活する古民家に工房があります。        www.minka2003.com
by wooden-mama
カテゴリ:古材 アンティーク( 4 )
アンティークの取手2
e0148633_453047.jpge0148633_482080.jpge0148633_410642.jpg

e0148633_412799.jpge0148633_4152313.jpge0148633_4122840.jpg

昭和初期の和ダンスの金具です。
材質は多くは真鍮、銅製で若干の腐食も見られますが、錆びる事もなく現在の使用にも
問題ありません。
写真上、左より下り2種、引手、箱取手、棒通し、引明(カギ穴)と言われるものです。
和家具の金物は非常に種類が多く形状により更に詳細な品名となります。
以前、修理依頼があった際に同等品を京都より取り寄せた事がありますが
現在製造されているものでも違和感なく取付けることが出来ました。
ある種の規格の上で現在も製造されている為と思われます。
生活様式も変わり、和家具を見かけることも少なくなりましたが、
精巧に作られたこの様な金物を現代の家具に組み合わせていく事も
製作者の役目かもしれません。



広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-21 04:28 | 古材 アンティーク
アンティークの取手1

e0148633_4235532.jpge0148633_425952.jpge0148633_4254499.jpg
e0148633_4255862.jpge0148633_4262490.jpg

アンティークの机、書棚の引出しに使われている取手です。
アルミ、真鍮、木製とありますが何れも年月を経て人工的に出すことのできない
深みがある色になっています。
また、取付けに使われている頭がマイナスの木ネジがしっくりと
馴染んでいます。
現在、同様の取手は販売されていません。
一部、アンティーク風に製作されたものを見かけますが
人工的な仕上がりに感じます。
アンティークガラスと同様に機会があれば再利用したいものです。




広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-19 04:36 | 古材 アンティーク
アンティークガラス

e0148633_1323816.jpge0148633_13231923.jpge0148633_13232922.jpge0148633_13234155.jpg

昭和20年代頃から作られてきたと思われるガラスです。
今のガラスにはない趣があります。
木製の建具とよく馴染んで素朴な雰囲気をかもし出しています。
取り壊し、建て替え、などでなくなっていくのは惜しい気がします。
キャビネットのガラスなどに利用して最後まで使えたらいいなと思っています。



広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-11 13:40 | 古材 アンティーク
アンティーク文机
e0148633_10173323.jpg


アンティーク家具の取扱いを始めました。
少しずつですが、安心してお使いいただけるようにメンテナンスをし、
アンティークの雰囲気を壊さないようブラッシュアップしたものを
出していきたいと思います。

こちらの文机については、詳しくはこちらへどうぞ。
[PR]
by wooden-mama | 2008-10-28 10:30 | 古材 アンティーク