木の家具と木の時計を作っています。生活によりそう木の家具や木の時計を作っていきたいと思っています。里山と田園に囲まれ家族と生活する古民家に工房があります。        www.minka2003.com
by wooden-mama
カテゴリ:家具の本( 9 )
BRUTUS 木の椅子と木工
雑誌BRUTUS11/1号特集”木の椅子と木工”です。
時代、国籍、価格を問わず様々なデザインの木の椅子、スツールが解説と共に掲載されています。
ページをめくるとどこかで見た椅子が見つかると思います。

後半に木工作家の山口和弘さんが紹介されています。山口さんの作品と人柄が結びついていることが、お嬢様の言葉からもよくわかります。・・・我が家はいかに?

e0148633_20523529.jpg

                     休憩中に読んでいます。               
広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2014-11-22 21:31 | 家具の本
家具と人
e0148633_1494864.jpg7月下旬、発売されました。
24人の作り手の素顔が感じられるような家具の写真と文章で
まとめられています。
家具に限らず、物作りを志す人、好きな人にお勧めです。
当工房も紹介されています。

詳しくはこちらで紹介されています。





広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-08-01 14:21 | 家具の本
『チルチンびと』

e0148633_595387.jpg1997年創刊の住宅雑誌です。
創刊以来、一貫して自然素材で作られた「家」が軸となっていますが
「家」のみならず、素材、家具、器、食生活、保育園、ライフスタイル
の提案まで毎号、様々なテーマで作られています。
10年以上前、自然素材を取り上げた最初の住宅雑誌ではなかったかと
思います。
手元にある創刊2号は、今見ても時間の流れを感じさせません。

今月発売の54号のスクランブル、フィールド西日本のコーナーに
展示会情報と共に、MINKAを掲載していただきました。





広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-04-05 05:15 | 家具の本
『MAKIG CHAIR SEATS』

e0148633_4334740.jpg椅子の座編みの本です。
この様な本がある事に欧米の椅子の歴史の長さを感じます。
複数の素材、編み方を写真とイラストで解説してあります。
(プロ向きかもしれません)
近年、北欧の椅子が国内で広く知られてきたせいか、ペーパーコードで
編まれたタイプの椅子をご存知の方も増えてきました。
木製の座面に比べ、耐久性の面で劣りますが、何と言っても重量や見た目に
軽いことは魅力です。





広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-31 04:40 | 家具の本
『室内』
e0148633_525595.jpg
故山本夏彦氏が創刊したインテリアデザイン雑誌「室内」です。
「室内」という名の通り、建築、インテリア、家具業界にかかわる
あらゆる情報が詰まった雑誌でした。
また、各界著名人による執筆もあり山本氏の交友の広さがわかります。
残念ながら、創刊50周年2006年3月号で休刊となりました。





広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-29 05:15 | 家具の本
『和家具三昧』
e0148633_5123756.jpg東京 下北沢の和家具専門のアンティークショップ
アンティーク山本商店の本です。
若き3代目が語る創業から現在までの骨董業界の話に
豊富な家具の写真を交えて構成されています。
家具の写真には製作時期、材種、価格なども掲載されていて
アンティーク好きな方には非常に参考になります。
また、同点ではリペアしたものを販売しているため、
その点も魅力的です。
一度、訪れてみたい店の一つです。



広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-22 05:17 | 家具の本
『KAKIのウッドワーキング』

e0148633_451313.jpg前回に続きKAKI工房 柿谷誠氏の本です。
KAKI工房で作られる10種類の家具が道具の使い方から
製作過程まで含めて書かれています。
KAKI工房の家具はシベリア産紅松で作られていますが
いわゆるパイン材のカントリー家具とは異なります。
松類の弱点である強度を構造でカバーし、細部の仕上げは
サンドペーパーは使用せず、刃物で繊細に仕上られた白木の
家具です。
生活する富山県の粟巣野への深い思いが現われたデザインの
KAKI工房の家具は27年前に出版されたこの本からも
歳月を感じさせません。





広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-17 05:01 | 家具の本
『KAKI カキの手仕事』

e0148633_444398.jpg富山県の立山連峰を背にした土地にあるKAKI工房、
故 柿谷誠氏の本です。
KAKI工房のシベリア産紅松で作られた様々な家具が、
試作された物を含めて豊富に掲載されています。
また、家具の背景などに写るセレクトされたブリキのミニカーや
オートバイからも柿谷氏のセンスが伝わってきます。
「この土地に似合わない家具は作らない。」
柿谷氏のこの言葉に深く共感しています。





広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-16 04:56 | 家具の本
『DER MOBEL BAU』

e0148633_51647.jpgドイツの家具製作の本です。
翻訳本ではないので当たり前ですが全てドイツ語表記です。
家具製作者が学ぶべき木の特性、製材、乾燥からディテール、
デザインの事までこの一冊にまとめられています。(と思う。)
特に表紙にもあるディテールのイラスト等は豊富で製作者には
非常に参考になります。(イラストなら理解できるので)(笑)
マイスター制度がある国だからこその本ではないかと思います。
親方の元で修行をした経験はないので、この様な本はとても
参考になります。
また、内容とは直接関係ありませんが、装本もきれいでとてもしっかり
作られています。

これから時々和洋の家具の本も紹介できればと思います。





広島ブログ
[PR]
by wooden-mama | 2009-03-14 05:31 | 家具の本